レゴ ハルバート王のバトルメカ(70327)レビュー

「ハルバート王のバトルメカ」レビュー

今回、レゴブログ「アレゴレNEXT」で紹介するのは、
レゴ「ネックスナイツ 」シリーズの
レゴ (LEGO) ネックスナイツ ハルバート王のバトルメカ(70327) 」です。
レビューだけじゃなくて、組み替えもしたので最後まで見てね!

さて紹介する「ネックスナイツ 」は、
「キャッスル」の流れを汲む「お城」系のシリーズ。
ですが、今回のロボットのようなメカなども登場するので、
「ニンジャゴー」シリーズの商業的な影響を受けたシリーズといえます。
割と、面白い造型もそろってますし、
新規パーツもふんだんに使われているので注目の商品です。

気になる中身は?

img20160506-01
早速開封して中身を確認。
大袋2つと小袋1つとシールという内容です。
実売で約5000円の版権無しセットにしては、
ちょっと少ないかも(笑)
個人的によかったのは以下の画像にあるパーツです。
img20160506-02
20105「Weapon Crossbow with Mini Blaster / Shooter」
15403「Plate, Modified 1 x 2 with Mini Blaster」も気になりますが、
一番は22408「Shield Pentagonal」です。
2016年の新パーツでまだ銀色しかありませんが、
ミニロボ制作に使えそうな予感です。
img20160506-03
金色の20482「Round 1 x 1 with Pinは、
去年から透明パーツが出回っていたもの。
剣は新規造型の23860「Blade with Bar」
黒いパーツもありますし、
ミニロボのディテールパーツに使えそう!98375「Toy Winder Key」という、
少しレアなゼンマイパーツも嬉しいですね。
img20160506-04
22391「Wedge 4 x 4 Pointed」も、
今年の新規パーツ。
このセットには、
紺とシルバーがついてきます。
ほかにも、
黒やダークブラウンなども出ているようです。
img20160506-05
一瞬、ポチスロ(1×1スロープ)と勘違いしそうなのが、
22388「Slope 45 1 x 1 x 2/3 Quadruple Convex」
このセットについている金以外にも、
銀、クリアレッド、クリアオレンジがあります。
ブリリンではセットに含まれないクリアグリーンも登録されてました。

制作から完成まで

ということで、新規パーツに喜びながら組んでみました。
特にもの珍しい組み方はなかった気がしますが、
股関節部分の延長は自分ではやったことなかったので、
ちょっとだけ参考にしようかと思います。
完成品はコレ!

img20160506-06
よしかず
既製品にしては、そこそこのフォルムな気もします。
フィグ乗り系のロボを作ってみたい方は参考になるし、
関節系パーツも手に入るのでオススメかも!

組み替えにチャレンジ!

このセットの問題としては、腕のデザインが左右対称ではないこと。
したがって、これ1つ買って「オリジナルロボを組もう!」とすると困難です。
関節パーツを持っている人は問題ないですが
持っていなければ、あきらめて2つ買うか、パーツ屋さんにお世話になるかですね。
んじゃ「ホントに1個じゃ組めないの?」
……という疑問を自分で解決すべく、
久々に組み替えにチャレンジしてみました。
で、できたのが以下のようなロボ。

img20160506-07

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を見ながら作ったので、
なんとなく殴り合い用の武器を持たせてしまいました(笑)
難しかったのは、やはり腕の関節と、
マニピュレータ(指)部分でしょうか。

いずれにせよ、実売5000円なら買って損なしなセットだと思います。

レゴ クリエイター 海洋調査船(31045)レビュー

2016.05.09

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です