レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「ナマハゲ」

メイン

レゴオリジナルモデル:「ナマハゲ」の紹介

ちょっと間を空きましたが、今回のレゴブログ「アレゴレNEXT」は、
TBSテレビ「炎の文化系TV」用に制作した妖怪シリーズの紹介です。
今回は「悪い子はいねぇーか〜?」で有名な「ナマハゲ」です。
このモデルも、TBSのモデルギミック対策として、リアルモデルからTV用に改修しています。
本来の姿は、どんなだったのか。
ぜひ、ナマハゲDC(ディレクターズカット)バージョンを見てください!

「ナマハゲ」DC(ディレクターズカット)の紹介

ナマハゲ前

まずは、前面から。男らしい眉をと、ワラでできた服に注力してみました。
眉はカーブスロープをベースに制作。
ワラの服(ドラクエみたいだなw)でポチスロを大量消費してしまいましたが、
それっぽくなったのではないでしょうか。
帯の部分も赤と白の1×1パーツを一週させて再現しています。
足は、カーブスロープという、若干の手抜きですね。

ナマハゲ横

横からみると、髪の毛の処理がわかると思います。
1ポッチズラすことで、ボリューム感と立体感を出しています。
手は、テクニックボールを使いました。
包丁は、カーブスロープの曲面を使いたいので、逆向きに組んでます。
腕の部分は、大きなスロープパーツを使いました。
手抜きに見えるかもしれませんが、なんか袖のあたりがダブダブな感じにしたかったのです。

ナマハゲ後ろ

後ろから見ると、髪の毛の段々がわかりますね。
下半身は「もんぺ」っぽいズボンにしました。
カーブスロープと、逆スロープの組み合わせです。

いかがでしたでしょうか?
人型モデルを組む参考になれば幸いです。

なお、ナマハゲさんにも名前がを付けたいのですが、
まだ思いついていません。
仮称でハゲ坊ってことにしておきます!!
カテゴリ的には狂犬設定で!(笑)
トップ画像の加工は、昔撮影したワラの家の画像との合成です。
なんか、それっぽくないですかね?

「ナマハゲ」テレビ放映バージョンの紹介

ナマハゲTV

ナマハゲのテレビ放映バージョンです。
いつ見ても、やっつけ感がありますねぇ。
モンスターモデルがテレビであまり映らなかったのは、
小さいというのもあるでしょうが、このぞんざいな感じがよくなかったと思います。
自宅に来ての取材撮影時は、オリジナルバージョンだったので、凄く素材撮りしてくれてました。
でも、スタジオでの収録は、カメラモニターを見る限りはあまり映らず、
本放送でも当然あまり映らないという悲しい結果です。
なので、オリジナルのモデルを見て、「ちゃんと組んだよ!」というのが伝わるといいなー。

次回は「天狗」予定ですよ!

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「天狗」

2016.06.12

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「ドラキュラ」

2016.05.26

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「カッパ」

2016.05.25

【スポンサードリンク】