レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「カッパ」

カッパメイン

レゴオリジナルモデル:「カッパ(河童)」の紹介

今回のレゴブログ「アレゴレNEXT」で紹介するオリジナルモデルは、
TBSテレビ「炎の文化系TV」用に制作した妖怪シリーズの「カッパ」です。
このカッパは、
「ターンテーブル上でぐるぐる回り手でつかんで持ち上げられる」
……というミッションを帯びており、それに適した形にする必要がありました。
なので、実は最初に結構リアルなモデルを作ったのですが、
テレビで使用されているのはボディを安定化したモデルです。
ですが、個人的にはオリジナル版のほうが気に入っています。
ということで、今回はカッパオリジナルバージョンの紹介です!

「カッパ」オリジナルバージョンの紹介

河童前

まずは前から見たカッパです。
離れた目と、だらしなくあいた口がチャームポイントです。
手と足はヒンジパーツで開いています。
実のところ、TBSのモデルは秋長さちこさんのモデルとの共演だったので、
「さちこっぽさ」をテーマに制作した経緯があります。
こうしてみると、少しそれっぽくないですかね?
ちなみに、完成してみるとその色合いから
「クインマンサじゃね?」と思ったのはここだけの話です。

河童横

続いては横です。
横からみるとわかりやすいですが、私のモデルには珍しい積分もやってます。
積分モデルは、できないわけじゃなくてやらないだけ!……なんですよ!

河童後ろ

 

最後は後ろです。
甲羅はウエッジスロープブロックで作っています。
もう少し丸みがあってもいいかな……とも思いますね。

河童斜め

斜めから見るとこんな感じ。
なんか、イタズラっこっぽいと思いませんか?
この雰囲気から、このブログではカッパ太郎と名付けて、
マスコットキャラクターにしています。

カッパ太郎
とっくに登場してんのに、紹介がおせーんだよ!
よしかず
さーせん(棒読み)

「カッパ」テレビ放映バージョンの紹介

カッパテレビ

一応、テレビ放映バージョンも紹介します。
最初にも書きましたが、当初設計したモデルは、
TBS作品のギミックに耐えられませんでした。
そこで、急遽SDモデルのようなイメージで作り直したのが、
TV放映バージョンです。
とにかく、ビジュアルよりも安定性重視で、個人的には「?」なんですが、
さちこさんら共演者に「変じゃないよ」と言われて、そのままにしました。
ですが、やっぱり並べてみると、イマイチ感はありますね。

残りの妖怪シリーズも随時公開していきますよ!

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「天狗」

2016.06.12

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「ナマハゲ」

2016.06.11

レゴオリジナルモデル:妖怪シリーズ「ドラキュラ」

2016.05.26

【スポンサードリンク】