2016年「Japan Brickfest」フォトレポートメカ編

バキシム

2016年のJBFで気になったメカ系作品たち

昨日に続いて本日のレゴブログ「アレゴレNEXT」は、
JBFのフォトレポートメカ編です。
今回も、前回に引き続き紹介したい作品はたくさんありましたが、
「一点突き抜けているものがあること」をテーマにしてみました。
あくまでも、個人的な趣味が影響していますので、
掲載されないからディスっているわけではありません。
あの作品の数ですから、そこはご容赦いただければと思います。

それでは、JBFに行けなかったメカファンに送ります!
なお、TOP画像はメカじゃないけどニクル作品の最高傑作なので選びました。
GMさん、アナタ最高ですわ!

ガン(ストームトゥルーパー)

ストームトルーパー

原寸大のガンで気になったのが、
映画「スターウォーズ フォースの覚醒」で使われていた
ストームトゥルーパーの銃です。
作者がそばにいなかったので触れませんでしたが、かなりいい感じの質感でした。
ポチスロを多用しているのですが、それがいい意味ではディテールとなっています。
テクニックパーツを使ったスコープもいいんでね。

ロボ

足軽ロボ
たくさん出品されている中で興味を持ったのが、足軽風なロボ。
なんとなく、アニメ「SAMURAI7」に出てきそうな感じです。
鎧の表現も気に入りました。

ガルパン

ガルパン

ブルーレイが出たこともあってか、なんとなく会場の戦車はガルパン一色。
なので、あえて単品は紹介せず、大洗町で二度も被害にあった気がする、
あのジオラマをピックアップします!

宇宙ポッド

戦闘ポッド

小型ながら作り込みが素晴らしい宇宙ポッド。
このクオリティレベルのメカが多数並んでました。
これ、wakaさんのなのかな?→wakaさんのものでOKでした(笑)

ポリススピナー

スピナー

あまたのビルダーたちがチャレンジして止まない、
映画「ブレードランナー」のポリススピナー。
なかでも、この作品はTOP3に入るレベルの完成度でした。
タイレル社のジオラマも一役買ってるかも!

モビルスーツ(ドム)

ドム

ミニのモビルスーツといえば、田中としやさんですが、
この作品も小さいながら素晴らしいフォルムだと思いました。
作者の方とはお話できませんでしたが、卓上の作品はどれも最高レベルのデキでしたね。

ウォーターシップ

艦艇

「俺も作る!」と心に決めたほど、心を動かしたのが艦艇群。
まあ、艦艇オフとかの画像から、そもそも心が動いていたのですが、
現物を見ると垂涎ものです。
ホントは、下から見上げるフォルムが一番素晴らしいのですが、
撮った写真がイマイチ魅力不足だったので上からの画像です。
ちなみにスケールは1/300。
このサイズなら、大量に制作できるもんね。

戦闘機

戦闘機

ミリタリーといえば……この人「とにー」さんの新作(たぶん)。
翼の折りたためる機構がいいですねー!
コクピットも2×2のレーダーパーツを使ったり、気がきいてます!

モーターヘッド

モーターヘッド
ヘビーメタルだったらゴメンですが、いずれにせよ永野護系のロボですよね。
ヒーローファクトリーのパーツを上手に使っているせいか、
パッと見でレゴに見えません!
いやー、まさに眼福でした。

ネズミロボ

ネズミろぼ

あえて実名は避けますが、
世界一有名であろうネズミキャラクターをロボ化したものです。
もうmokoさんの作品は、別に僕が紹介しなくても全世界に紹介しまくられているので、
いらない気もしますが、
やはり紹介しないのも変なので。

以上で、メカ編の紹介は終わります。
明日は、JBF全体のレポートで最終章となります。

【スポンサードリンク】